手の甲は年齢を隠せない!手荒れや乾燥は絶対NG!

突然ですが手の甲の肌をつまんでみてください。瞬時に戻りましたか?それともゆっくり?もとに戻る時間が早いほど肌が若いということらしいのです。

その時は何度もつまみながらけらけら笑っていましたが、今では全く笑えない状況になっています。それでも私は年齢にしたら自分はましな方かなと思います。

というのも私は絶対に水仕事は手袋なしではやりません。洗い物をするときゴム手袋がない場合は洗い物を中断してゴム手袋を買いに行きます。

人によってはゴム手袋をはめていたらぬるぬるが取れたかどうかわからないから嫌という人もいますが、私は全く気になりません。最近は油汚れを徹底的に落としてくれる洗剤もありますから、、、

手の老化を防ぐにはその他のパーツ同様とにかく保湿をしっかりすることです。

手は体の中でもとくに酷使する場所ですから気をつけないとすぐにおばあちゃんの手になってしまいます。

よく洗剤などのCMに出ている手のタレントさんがいますが、以前その方のハンドケアについて雑誌で読んだ時にはびっくりしました。

寝るときには保湿クリームをたっぷり塗ったところに手袋をして眠ったり、日中は化粧水をスプレーに入れて持ち歩いて気が付いた時にはシュッシュッとしているらしいです。

手を洗う石鹸はできるだけ肌に優しい無添加のものを選びましょう。界面活性剤が含まれていないものがおすすめです。タオルで手を拭くときもごしごし拭くのではなく、軽くタオルを押し付けるようにして拭くのがいいようです。

ハンドクリームを塗るときもただ塗るのではなく、マッサージをするようにもみほぐしながら塗ってあげると血行も良くなって一石二鳥です。

ハンドクリームもいろいろ市販されています。高価なブランドのハンドクリームもいいですが、ワセリンやオリーブオイルでも十分効果があります。自分に合ったテクスチャーや香りで選んでみてもいいですね。

そしてもう一つ大事なのが紫外線対策です。顔は日焼け止めと帽子で完全に紫外線をシャットアウトしている人も手のことは案外忘れているものです。

外出するときには顔と同じように日焼け止めを塗り、UVカットのアームカバーを着用しましょう。冬場や雨の日でも紫外線は全くないということはないのです。

ハンドケアを怠るとシワやシミだけではなく、血管が浮き出るようになってしまいます。よく高齢の方の手に血管が多いのはそのためです。これは老化によって手の皮膚が乾燥するだけでなく、薄くなることが原因で起こります。

さらに手は体の一番先にあるのでどうしても血流が悪くなることで血管が浮き出てしまうようです。対策としては手をなるべく高い位置に上げるようにしたり、入浴中にマッサージを行うなどの方法があります。

また血液がサラサラな方が指先までうまく循環します。油分の多い食事やアルコールを控え、ミネラルウォーターなどの水分摂取をこまめにするといいですね。

手だけではなく、爪にも気を配りましょう。ネイルのし過ぎで爪が割れていたり、黄ばんでいたりすると手は汚く見えてしまいます。ネイルは爪が呼吸できなくなるなど、思いのほか爪に負担を与えてしまっています。

おしゃれなネイルは私も大好きですが、月に1週間ぐらいはネイルをお休みする日を作りましょう。