年齢を感じさせない会話術!自虐は周囲を凍りつかせるだけ!

メイクやファッション、肌艶以外にも年齢を感じさせるものに会話があります。

話をするとその人の人格や生い立ちなどを知ることができますが、もちろん年齢もある程度推測することができてしまうのです。

使う言葉や話す内容によってその人がどんな時代を生きてきた人かわかってしまうからです。

アラフォーともなると若いころに比べ、ほとんどの人が話すことに慣れ、自分をアピールすることにも優れています。

みなさん会話上手でおもしろい話や興味をそそるような話題の引き出しをたくさんお持ちです。

もちろん言わなくていいことをいう人、空気の読めない人、意地の悪い人はいますが年齢に限らずそんな人は論外です。

今回はアラフォーが若い人と話すときやりがちなミスを集めてみました。

きっとみなさんも若いころに会社のお局様に感じたあるある~を思い出すと思いますが今は自分がその立場にいることをお忘れなく。

アラフォー女性がやりがちなNG会話を見てみましょう。

「私なんてどうせおばさんだから~」「若い子にはついていけないわ~」「私より絶対若くてかわいい○○ちゃんの方がいいわよ~」など自分がみんなより年上であることを自虐的にアピールする。

みんな口に出さないだけでそんなことわかってるんです。わざわざ自虐的にアピールされてもなんて返していいかわからない。仕方なく「そんなことないですよ」「まだまだ若いですよ」と返事するしかないのです。

もしかしたらそう言わせたいがために自虐しているのかとさえ疑われてしまいます。

「私の時代には~」「私が若かった頃は~」「昔は~」など誰も知らない1990年代の話をする人も結構多いです。

若い人の話についていけないから昔の話をするのかもしれませんが、1990年代以降に生まれた人も多いのでぴんと来ないと思います。

昔流行った映画やドラマ、流行語やファッションなど何もかもが痛々しいのでそのような話題は同じ世代の人間が集まったときだけにしましょう。

もちろん聞かれた場合に応えるのは構いませんが、ほどほどでいいと思います。

そして最も避けたいのは、「昔はもてた話」。アラフォー女性の過去の恋愛話ほどどうあいづちを打っていいかわからないものはありません。

とくに女性が未婚で彼氏なしの場合にはもう悲壮としかいいようがありません。

誰にでも若かりし頃の素敵な恋愛話の一つや二つはあり、それは素敵なことだと思うし、私は友人のそんな話を聞くのがいやではないんですが、ひょっとしたら陰で苦笑されているかもしれないのでやっぱりできれば避けたいかな。

40代になってもキレイな人、雰囲気ある人っていますよね。

だけどそんな人には絶対に過去のもてた話はしません。しないけど、周囲からはきっとこの人若いころモテただろうな、、って自然に思われているんです。

「今の若い人はこれだから~」「若いあなたにはわからないかもしれないけど~」「あなたももう少し歳をとればわかるはず~」このセリフもよく年上の女性が使います。でもこんなこと言う上司がいたらやだな。

40歳を過ぎれば人生においていろいろな経験をしているのは当たり前なんです。その場の空気を読めること、他人に優しくできることは大事です。

若いころに「なに、このおばさん、、」って思ったことありませんか?そんな風に思われるアラフォーにはなりたくないですよね。素敵に歳をとるということは素敵な会話ができるということ。

大人の余裕や常識で若い人を応援する気持ちをもちましょう。

クレンジング何使ってる?案外知らないクレンジングの落とし穴

クレンジングって何を使ってますか?とくにこだわりもなく、なんとなく身近なクレンジング剤、メイク落としを使用しているという人が少なくありません。

メイクをする以上にメイクを落とすことがアラフォーにとってはとても大事なのです。アラフォーが絶対にやってはいけないことの一つにメイクをしたまま眠るという行為があります。

若いころは酔って帰って、メイクをしたままソファで眠っていたという人もいたかもしれませんがアラフォーは絶対NGです。

メイクをしたまま眠ることでメイクと皮脂と汚れが肌の上で酸化して、乾燥やくすみ、シミなどの原因となってしまいます。

クレンジング剤できちんとメイクを落とすことはとても大事ですが、正しいクレンジング選びも大切です。巷には実にいろいろな種類のクレンジング剤がありますが、どれを選べばいいのでしょうか。

クレンジング剤にはオイル、リキッド、シート、ミルク、ジェル、クリームなどがあります。実は洗浄力が強いものほど肌に負担が大きいのです。

とくにクレンジングシートは手軽ですが肌を強くこするため摩擦による刺激で肌を傷めてしまいます。

突然のお泊りなどの緊急事態のとき以外にはあまり使用しない方がいいかもしれません。

私自身はオイルクレンジングを使用していますが実はオイルクレンジングもあまりおすすめできないのです。

ただ、私はあの爽快感がやめられず、ついついオイルクレンジングを使い続けてしまっています。

オイルクレンジングには合成界面活性剤が配合されています。

これは石油からできる物質で、とくに安いオイルクレンジング剤は安い石油からできていて肌に必要な潤いの成分をも取り除いてしまうのです。

オイルクレンジングを使うときはできるだけ摩擦を起こさないように指の先で優しくなじませ、できるだけ早く水で洗い流してください。

ファンデーションやポイントメイクなどの油分を含んだ汚れをまずは落とし、その後は洗顔フォームなどで毛穴の汚れなどを落とすのがいいでしょう。

少しでも摩擦を少なくするために使用する量をけちらないことも大事です。

一方でクレンジング剤として美容家の方々から奨励されているのがクレンジングミルクです。クレンジングミルクは肌に最も刺激が少なく、肌の潤いに大事なセラミドなどを落としたりしません。

ただし、洗浄力の強さはそのほかのクレンジング際に比べると劣りますのでしっかりメイクした日はジェルを使うなど、メイクの程度によって使うクレンジング剤を変えるのがおすすめです。

クレンジング剤って美容液や化粧水のように肌に浸透するものではないから安いものでいいかな、と多くの人が考えがちです。

ドラッグストアでは数百円から売っていますが、コスメブランドが販売しているものだと数千円のものもあります。

高いものを使うべきかどうか迷うかもしれませんが、値段を重視するというよりは成分をチェックすることが大事です。

ドクターズブランドやオーガニック化粧品、無添加化粧品などが私は個人的におすすめです。

界面活性剤、防腐剤、着色料などは避けたい成分です。しかし、界面活性剤がなければ汚れの落ちが悪くなることもあるので難しいところですね。

使ってみて刺激が少ないもの、肌が乾燥しすぎないものなどを選び、季節に応じて変えたり、口コミを参考にしてみるのもいいでしょう。

クレンジング剤は毎日使うものなので安全なものを使いたいですよね。

手の甲は年齢を隠せない!手荒れや乾燥は絶対NG!

突然ですが手の甲の肌をつまんでみてください。瞬時に戻りましたか?それともゆっくり?もとに戻る時間が早いほど肌が若いということらしいのです。

その時は何度もつまみながらけらけら笑っていましたが、今では全く笑えない状況になっています。それでも私は年齢にしたら自分はましな方かなと思います。

というのも私は絶対に水仕事は手袋なしではやりません。洗い物をするときゴム手袋がない場合は洗い物を中断してゴム手袋を買いに行きます。

人によってはゴム手袋をはめていたらぬるぬるが取れたかどうかわからないから嫌という人もいますが、私は全く気になりません。最近は油汚れを徹底的に落としてくれる洗剤もありますから、、、

手の老化を防ぐにはその他のパーツ同様とにかく保湿をしっかりすることです。

手は体の中でもとくに酷使する場所ですから気をつけないとすぐにおばあちゃんの手になってしまいます。

よく洗剤などのCMに出ている手のタレントさんがいますが、以前その方のハンドケアについて雑誌で読んだ時にはびっくりしました。

寝るときには保湿クリームをたっぷり塗ったところに手袋をして眠ったり、日中は化粧水をスプレーに入れて持ち歩いて気が付いた時にはシュッシュッとしているらしいです。

手を洗う石鹸はできるだけ肌に優しい無添加のものを選びましょう。界面活性剤が含まれていないものがおすすめです。タオルで手を拭くときもごしごし拭くのではなく、軽くタオルを押し付けるようにして拭くのがいいようです。

ハンドクリームを塗るときもただ塗るのではなく、マッサージをするようにもみほぐしながら塗ってあげると血行も良くなって一石二鳥です。

ハンドクリームもいろいろ市販されています。高価なブランドのハンドクリームもいいですが、ワセリンやオリーブオイルでも十分効果があります。自分に合ったテクスチャーや香りで選んでみてもいいですね。

そしてもう一つ大事なのが紫外線対策です。顔は日焼け止めと帽子で完全に紫外線をシャットアウトしている人も手のことは案外忘れているものです。

外出するときには顔と同じように日焼け止めを塗り、UVカットのアームカバーを着用しましょう。冬場や雨の日でも紫外線は全くないということはないのです。

ハンドケアを怠るとシワやシミだけではなく、血管が浮き出るようになってしまいます。よく高齢の方の手に血管が多いのはそのためです。これは老化によって手の皮膚が乾燥するだけでなく、薄くなることが原因で起こります。

さらに手は体の一番先にあるのでどうしても血流が悪くなることで血管が浮き出てしまうようです。対策としては手をなるべく高い位置に上げるようにしたり、入浴中にマッサージを行うなどの方法があります。

また血液がサラサラな方が指先までうまく循環します。油分の多い食事やアルコールを控え、ミネラルウォーターなどの水分摂取をこまめにするといいですね。

手だけではなく、爪にも気を配りましょう。ネイルのし過ぎで爪が割れていたり、黄ばんでいたりすると手は汚く見えてしまいます。ネイルは爪が呼吸できなくなるなど、思いのほか爪に負担を与えてしまっています。

おしゃれなネイルは私も大好きですが、月に1週間ぐらいはネイルをお休みする日を作りましょう。

試してみたい!お手頃な美容器具の効果はいかほど?

美顔器はいつの時代も人気があり、常に進化しています。最近は自宅でも使用できるかなり高性能の美顔器がいろいろ発売されていて、電気量販店などで試してみることもできます。

このブログでは手軽でお金のかからないアンチエイジング法をご紹介しているので今回ご紹介する美顔器も手の届く価格帯のものを厳選してみました。

トップバッターはもちろんパナソニックのナノケアです。お肌のシワのおもな原因は乾燥です。お肌の乾燥を防ぐためにスチーマーで十分な水分を与えることは美容の王道です。

スチーマーは昔から様々ななものが販売されていますが、ナノケアがほかの商品に比べれ優れているのには理由があります。

ナノケアが安価なスチーマーと異なる点は噴き出すスチームの粒子がナノサイズで肌への浸透力が高いことです。

ナノケアにはなりたい肌によってナノサイズ温スチームと冷たい急冷マイクロミストを交互に組み合わせてくれる5つのコースがあります。

ハリをアップさせてくれたり、化粧のノリを良くしてくれたり、また肌のバリアーを整え肌が敏感になることを防いでくれます。

アロマタブレットで香りを楽しんだり、また加湿器のように夜寝ている間に肌を潤わせてくれる商品もあります。

次にご紹介したいのは美容に詳しい方なら絶対ご存知のリファカラットです。

リファカラットはマルチアングル構造のローラーが顔や体にフィットしてまるで人の手でマッサージを行っているような引き締め効果があります。

またソーラーパネルによる充電で、微弱な電流マクロカレントを発生させます。マイクロカレントによって肌を整え、引き締め効果があります。

肌に直接触れるローラー部分にはプラチナムコートが施してありますのでデリケートな肌を守ってくれます。

リファカラットは美顔器の人気ランキングでは常に上位にランクインし、膨大な数の口コミがありほとんどの人が効果を実感しているようです。

顔のシワやたるみがなくなったという口コミも多いので、アンチエイジングにも適した商品だと思います。

ただし、やり過ぎはかえって肌をたるませることになりそうなので、ついついテレビを見ながら長時間というのは避けましょう。

私が5年ほどまえ購入して今もまだ人気のある美顔器といえば、ツインエレナイザーPROIIです。

こちらは温熱マッサージ効果や化粧水の浸透力を高めてくれる美顔器で肌のごわつきやたるみなどを解消してくれます。

フランスの人気情勢雑誌「VOGUE」でも紹介され、海外にショールームをオープンしたりと評価されているみたいです。

ツインエレナイザーPROIIにはイオンクレンジング、ツイン導入、ツインリフトの3つの機能があります。

イオンクレンジングではマイナス化したとれない汚れをプラスの電気で取り除くことで化粧水などの浸透力を高めます。

ツイン導入では毎秒300万回の超音波振動により肌にトリートメント効果を与えます。ビタミンCを導入した場合、その浸透力は通常の170倍にもアップするそうです。

ツインリフトでは毎秒100万回の高周波で肌を温め血流がアップし、リフト効果を実感できます。使い始めた直後から肌に違いを感じる人もいるみたいですよ。

以上が私はアンチエイジングのためにおすすめするお手頃な美顔器です。

美顔器の難点は準備したりするのがちょっと面倒くさいこと。毎日使用するのは無理だけど、時間に余裕のある週末などにエステに行ってる気分で使用すると心までリラックスできますよ。