ミトコンドリアが若さのカギを握る!ところでミトコンドリアって?

みなさん、ミトコンドリアをご存知ですか?私はつい最近まで虫の種類だと思っていましたが、実はミトコンドリアとはすべての生命体の細胞に含まれる細胞小器官のことです。

ミトコンドリアの大きさなわずか0.5 μm程度で形は円形状のものやひも状のものなど様々です。

一つの細胞の中には数千以上のミトコンドリアが存在し、常に分裂と融合を繰り返しているのです。

私たちの体の細胞の中でミトコンドリアは呼吸をし、エネルギーを生み出します。

私たちが息をして吸い込んだ酸素は血液の流れに乗って運ばれ、その酸素を利用してミトコンドリアが糖や脂肪を燃焼しエネルギーを作り出しているのです。

ミトコンドリアが作り出すエネルギーによって私たちは体温を維持し、すべての活動を可能にしているのです。

私たちの細胞には私たちが通常DNAと呼んでいる遺伝情報を持った遺伝子が存在しますが、それとは別にミトコンドリアDNAというものがあります。

ミトコンドリアDNAは全て母親から由来するもので、また生物学的に種類の違うものほど、また血縁関係の遠いものほどミトコンドリアDNAは配列が異なるそうです。

さてそのミトコンドリアがこのほどアンチエイジングに深い関係があることがわかりました。これはほおっておけませんよね。ミトコンドリアと老化とはどのような関係があるのでしょうか。

先程ミトコンドリアは私たちが食べた栄養や呼吸した酸素を使ってエネルギーを作り出す話をしましたが、ミトコンドリアが多いほどエネルギー代謝がよくなります。

たとえば激しい運動をすると呼吸が苦しくなりますが、運動することでミトコンドリアが増えれば効率よくエネルギーを代謝してくれるので苦しくならずにすむのです。

しかし、残念ながら加齢とともにミトコンドリアの量は減り、質も低下します。

ミトコンドリアが減ると限られたエネルギーは代謝や体温維持に優先的に使われてしまい、体のあちこちの老化を防ぐことまで手が回らなくなってしまいます。

その結果、認知症やガンをはじめとする加齢による様々な体調不良が起こるようになるのです。

それなら、できるだけミトコンドリアを増やすことができれば老化を少しでも食い止めることができるのではないでしょうか。

ミトコンドリアを増やすためには体がミトコンドリアを必要としていることを認識させることが大切です。そのためには酸素を必要とする有酸化運動を行うことがポイントです。

ランニングや自転車をこぐ、エアロビクスなどが有酸化運動です。また体を冷やすと体を温めるためにより多くのミトコンドリアが必要となります。

お風呂の後に冷たい水を浴びるなど自宅でもミトコンドリアを増やすように頑張りましょう。

また空腹時にもミトコンドリアが増えることから、空腹の状態を意識的に作る、寝る前数時間は何も食べないなども効果があります。

最近はプチ断食なども流行っていますが、プチ断食はデトックス効果があるだけではなく、ミトコンドリアを増やすうえでもおすすめです。

その他にもミトコンドリアを増やすのに効果的な栄養素として、タウリン、ビタミンB群、鉄分などがあります。

タウリンはイカやタコ、ビタミンB群はうなぎや豚肉、鉄分はレバーなどに多く含まれます。

これらの栄養素を意識して摂取することで体内のミトコンドリアを増やして老化を防ぎましょう。