ミネラルウォーター適当に選んでない?体を作る水分はとても大事

アンチエイジングにおいて水はとても大切です。

私たちの体の大半は水分でできていますし、加齢とともに乾いていく体を潤すためにも上質の水分を補給することはとても大事です。

日本は世界でも珍しい水道水を飲むことのできる国ですが、水道水のカルキが体に悪い、アレルギーを引き起こすなどということは昔から言われています。

おそらくほとんどの人がスーパーやドラッグストアあるいはネットでミネラルウォーターを購入していると思いますが、どんな水を選べばいいのか悩むところです。

最近は水素水が体にいいと話題ですが、水素水の効果についてはまだ証明されていない部分もありますので今回は省かせてもらいました。

美容やアンチエイジングのためのお水といえば、やはりエビアンやコントレックスなどのヨーロッパから輸入される硬水でしょうか。

日本の水のほとんどは軟水です。

軟水はその名の通り柔らかく飲みやすい水なのですが、硬水にくらべるとミネラルの含有量が少ないのです。

エビアンやコントレックスなどの硬水にはカルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、慣れていないと口当たりが悪いと感じるかもしれません。

これらのミネラルにはデトックス効果や抗酸化作用があるので、アンチエイジングウォーターとしておすすめです。

ミネラルを含む日本の水といえばバナジウム水があります。

バナジウムは富士山の天然水とも言われ、血糖値を下げる効果があります。

ただし、バナジウム水は種類が豊富で、高価なものほど含まれるバナジウムの濃度が高いようです。

さて、残念ながら私はどうも硬水が好きになれずもっぱらアルカリイオン水を飲んでいます。

アルカリイオン水はその名の通り弱アルカリ性の水で粒子が細かいため体に吸収されやすいという特徴があります。

アルカリイオン水は金額もお手頃でどこにでも売っています。

水を飲むときのポイントですが冷蔵庫で冷やさずに常温で飲みましょう。

その方が体に素早く吸収されます。ある人気モデルはレストランなどで冷たい水が出てくるとまず口の中に含んで温めてから飲み込むそうです。

朝起きてすぐ飲むのも腸を目覚めさせるという点で推奨されています。

運動や入浴の前に水分を摂ることも大事です。

暑い季節はこまめに水分を摂らないと熱中症になる危険性もあります。

喉が渇いてからでは遅すぎるという専門家の指摘もありますので、意識して水分摂取を心がけましょう。

ミネラルウォーター以外に白湯もおすすめです。

白湯とは水道水を一度沸騰させ、覚ましたものです。

水道水に含まれるカルキなどの不純物を取り除くことができますので、美容効果、ダイエット効果があると言われています。

白湯は体の中から温めてくれるので免疫機能がアップし、また代謝も盛んになるため脂肪燃焼のダイエット効果を期待できます。

白湯にショウガやはちみつを混ぜたり、寒天を入れてとろみをつけたものなどがインターネットでは紹介されています。

水は飲んだからすぐにアンチエイジング効果を得られる、何かが変わるというものではありません。

ただ、水を飲むことは生きる基本だと思うので、たかが水と思わずにいろいろ試して自分に合った商品をみつけてください。