クレンジング何使ってる?案外知らないクレンジングの落とし穴

クレンジングって何を使ってますか?とくにこだわりもなく、なんとなく身近なクレンジング剤、メイク落としを使用しているという人が少なくありません。

メイクをする以上にメイクを落とすことがアラフォーにとってはとても大事なのです。アラフォーが絶対にやってはいけないことの一つにメイクをしたまま眠るという行為があります。

若いころは酔って帰って、メイクをしたままソファで眠っていたという人もいたかもしれませんがアラフォーは絶対NGです。

メイクをしたまま眠ることでメイクと皮脂と汚れが肌の上で酸化して、乾燥やくすみ、シミなどの原因となってしまいます。

クレンジング剤できちんとメイクを落とすことはとても大事ですが、正しいクレンジング選びも大切です。巷には実にいろいろな種類のクレンジング剤がありますが、どれを選べばいいのでしょうか。

クレンジング剤にはオイル、リキッド、シート、ミルク、ジェル、クリームなどがあります。実は洗浄力が強いものほど肌に負担が大きいのです。

とくにクレンジングシートは手軽ですが肌を強くこするため摩擦による刺激で肌を傷めてしまいます。

突然のお泊りなどの緊急事態のとき以外にはあまり使用しない方がいいかもしれません。

私自身はオイルクレンジングを使用していますが実はオイルクレンジングもあまりおすすめできないのです。

ただ、私はあの爽快感がやめられず、ついついオイルクレンジングを使い続けてしまっています。

オイルクレンジングには合成界面活性剤が配合されています。

これは石油からできる物質で、とくに安いオイルクレンジング剤は安い石油からできていて肌に必要な潤いの成分をも取り除いてしまうのです。

オイルクレンジングを使うときはできるだけ摩擦を起こさないように指の先で優しくなじませ、できるだけ早く水で洗い流してください。

ファンデーションやポイントメイクなどの油分を含んだ汚れをまずは落とし、その後は洗顔フォームなどで毛穴の汚れなどを落とすのがいいでしょう。

少しでも摩擦を少なくするために使用する量をけちらないことも大事です。

一方でクレンジング剤として美容家の方々から奨励されているのがクレンジングミルクです。クレンジングミルクは肌に最も刺激が少なく、肌の潤いに大事なセラミドなどを落としたりしません。

ただし、洗浄力の強さはそのほかのクレンジング際に比べると劣りますのでしっかりメイクした日はジェルを使うなど、メイクの程度によって使うクレンジング剤を変えるのがおすすめです。

クレンジング剤って美容液や化粧水のように肌に浸透するものではないから安いものでいいかな、と多くの人が考えがちです。

ドラッグストアでは数百円から売っていますが、コスメブランドが販売しているものだと数千円のものもあります。

高いものを使うべきかどうか迷うかもしれませんが、値段を重視するというよりは成分をチェックすることが大事です。

ドクターズブランドやオーガニック化粧品、無添加化粧品などが私は個人的におすすめです。

界面活性剤、防腐剤、着色料などは避けたい成分です。しかし、界面活性剤がなければ汚れの落ちが悪くなることもあるので難しいところですね。

使ってみて刺激が少ないもの、肌が乾燥しすぎないものなどを選び、季節に応じて変えたり、口コミを参考にしてみるのもいいでしょう。

クレンジング剤は毎日使うものなので安全なものを使いたいですよね。