続けることで確実に10年後が違う!毎日できるアンチエイジング

アンチエイジングなんて遠い世界のこと、ついこの間までそう思っていたのにいつの間にかアラフォー。それでも大人のファッションを着こなし、仕事にも育児にも余裕が出て充実した毎日を送っている、そう自負していたのに鏡をみるとなんだか冴えない自分がいる、、、

女性はいくつになってもキレイでいたい、若くいたいという気持ちをなくすことがない生き物です。どんなに仕事がうまくいっていても、どんなに家庭に恵まれていても、それだけじゃ満足できない。若くてキレイだったころの自分のままでいたいと願うのです。

もちろん老いは誰にでも平等にやってくるものなので回避することはできません。でも、様々なアンチエイジング法を取り入れることで老いのスピードを緩める、あるいはキレイに歳をとっていくことが可能になります。

アンチエイジングには幅広い意味合いがあるのですが、アンチエイジングの定義を見るといつまでも若々しくありたいという願いをかなえることとあります。実に漠然としていますね。つまり、アンチエイジングの方法は人ぞれぞれ、様々なやり方があるという風にも取れます。

これは女性に限定されたことではありませんが、私たちの体は年を取ると様々な変化が訪れます。骨がもろくなる、肌が衰える、更年期障害、目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくくなる、歯を失うこともあります。もちろん身体的変化のほかにも情緒が不安定になる、ネガティブな思考になるなど精神面での変化もあります。

身体的、精神的な老いを少しでも軽くするために様々なアンチエイジング方法が取り上げられています。美しくあるためにはまず健康でなければなりません。アンチエイジングでは若いころのような極端なダイエットや運動は論外です。毎日の生活に自然に取り入れることができ、かつ長く続けられることをれテーマにアンチエイジングについて考えていきたいと思います。

アンチエイジングというと美容皮膚科で最新の機械を使用した施術や高級な化粧品を思い浮かべるかもしれません。もちろんそれはそれで効果があると思いますし、否定するつもりはありません。ただ誰もが最新技術でアンチエイジングできる経済力を持っているわけではありません。あるいは不自然な歳の取り方は気が進まないという人もいるでしょう。

ここではアンチエイジングと言っても生活習慣を見直しながら明日から始められそうな手軽なものをチョイスしてみました。アラフォー世代は仕事や育児でとにかく多忙ですから手間暇かかるものはNGです。できれば最小限の努力で最大限の効果を得たい、これを「~ながらアンチエイジング」と呼びます。

日常のささやかな努力で5年後、10年後人より美しく健やかでいる!このことを目標に掲げたいと思います。アンチエイジングの真の目的はキレイでいることで自分自身が幸せになることであり他人に評価を求めるものではありませんが、あわよくば周りの人にも「若いね」「○歳には見えない」と言われればなんだか気分がいいですよね。

どんな美容法にも言えることですが、ここで紹介するアンチエイジング方法は今日、明日に結果を期待できるものではありません。ただし、実行した場合の10年後と実行しなかった場合の10年後は明らかに違うということはお約束します。

このブログではアンチエイジングに効果のある食べ物、飲み物、マッサージや運動、生活習慣、化粧品などについてご紹介したいと思います。なんとなく知ってたけど深堀りできた、目から鱗の情報を知ることができた、他の人はどうしているのか気になっていたなどみなさんの役に立つことができたら幸いです。

小顔効果やむくみ予防にも!かっさでリンパの流れをスムーズに!

みなさん、かっさをご存知ですか?かっさとは専用の器具を使って行う中国の民間療法のことで様々な体の不調に効果があります。

かっさによってエネルギーの通り道を確保し、気・血・津液の三つを滞ることなく体の中を循環させる目的があります。

エネルギーが体の中をめぐるようになると、体内のバランスが整い、体の不調が改善されます。

また肌に圧力をかけることにより、血液中の毒素を肌の上へと押し出します。デトックス効果、毒素を排出する効果があります。

かっさを行うためには専用のかっさプレートまたはラーメンなどを食べるときに使うれんげが必要となります。

肌を摩擦から守るために滑りが良くなるクリームや乳液を使用しましょう。かっさは顔、頭皮、足、腕など体のいろいろな個所に施すことができます。

かっさは基本的には下から上へ、外側から内側へと行います。顔にかっさをする場合は中心から外側へ円を描くように行うようにします。

かっさを施術する箇所の脂肪に食い込ませるように押し当て、一気にマッサージします。最初は痛いかもしれませんが、続けることで毒素が排出されだんだんと痛みが和らいでくるそうです。

一回の施術時間は5分程度が理想です。やりすぎると体に害を及ぼすこともあります。

かっさを行うことで血行やリンパの流れが良くなりますので、むくみを解消したり、リフトアップ効果があったり、スリム効果、疲労回復効果も期待できます。

またかっさによって新陳代謝が活発になりますので、肌のターンオーバーを整えたり、くすみやシミを解消したり、小顔効果まであります。

熟練されたセラピストに施術してもらうと、直後から小顔効果を実感できるようです。

ただし、かっさは初心者には力の入れ具合などが難しい場合もあります。食事のすぐあとや体調が悪い時に行うのは避けた方がいいでしょう。

また力の入れすぎや、皮膚の薄い個所に関してはとくに気を付ける必要があります。

かっさを行うのは入浴後など体が温まっているときがいいと言われています。またかっさを行ったあとに体を冷やさないようにすることも効果を持続させるために重要です。

新陳代謝が活発になりますので、水分補給をしながら行ってください。

かっさを行うと、体に赤みをおびた斑点が現れます。初めて見る人はびっくりしてしまうかもしれませんが、これは正常な反応なので心配はいりません。

最近では斑点が出ないように作られたかっさプレートもありますので、気になる人はそちらを使うといいと思います。

かっさはもちろん方法によってアンチエイジングにも効果絶大です。アンチエイジングの大敵といえば、顔のたるみや法令線です。

法令線のたるみを解消するには口元から小鼻の脇にかけてくるくると円を描くようにかっさの先でもちあげるようにして行います。3回ぐらい行うのがいいでしょう。

頬のたるみを解消するためにはあごから耳の下のあたりへ向かってすべらすようにかっさを行います。耳の下はリンパが集中するところなので効果が高いのです。

眉間のシワや目元のシワ、おでこのシワにもかっさの先を使ってくるくる回すようにマッサージするのが効果的です。顔にかっさを行った場合、十分に保湿するのを忘れないようにしましょう。

強くやり過ぎるとかえってシワになってしまうので皮膚の薄い顔のかっさは適度のな力で行い、やり過ぎは禁物です。

100均でみつかる本当に使えるアンチエイジングアイテムベスト5!

お金がかからない手軽にできるアンチエイジング方法をこれまでご紹介してきましたが、100均で買える美容グッズをぜひ活用していただきたいのです。

100均とはいえ、侮ってはいけません。100均にはアンチエイジングにも役立つグッズがたくさんあるんです。

私がもう10年ぐらい愛用しているのはシート状のフェイスマスクです。

私は敏感肌なので化粧水選びに気を遣うのですが、100均のシートマスクは手持ちの化粧水を染み込ませて使うことができるので大変便利です。

毎日は無理ですが、週末や肌が乾燥しているなと思うときには愛用の無添加化粧水を染み込ませてパックしています。

さらに効果を高めたいときはシートマスクの上にすると浸透力がアップするシリコンマスクを使用しています。

マスクの左右がお面のように輪になっているので耳にかけることができ、ずれたり、落ちてきたりしません。ダブルのマスク効果で大事な予定の前にはスキンケアも万全です。

シートマスクの前にまずは洗顔で皮脂や汚れをすっきり取り除きたいものですが、それには泡立てネットが必要です。泡立てネットってなぜか時間とともに泡立ちが悪くなってしまうのが難点です。

でも100均なら毎月新調しても負担になりません。ついでに天然のまゆでできた繭玉で優しく顔をこすれば、古い角質や毛穴の汚れもからめとってくれますよ。

別の記事で紹介しているかっさも100均でちゃんと売っています。かっさとは中国の民間療法で気やエネルギーの通り道を作り、体のバランスを整えるというものです。

その際に使用するのがかっさプレートという手のひらサイズの板でそれを使ってリンパの流れにそって押し出すように強めにマッサージするのです。

かっさは顔の気になる箇所にも円を描くようにマッサージすると効果があります。かっさには毒素を排出してくれるデトックス効果があります。

かっさプレートのほかにツボ押し棒なども100均で購入することができますので、ピンポイントでツボ押ししたいという人はぜひ活用してください。

ツボは内臓と関係が深く、新陳代謝が活発になったり、冷えやむくみを解消したり、女性ホルモンの分泌を促したりと様々な効果が期待できますのでおすすめです。

100均にはプラスチック製の美容ローラーも売っています。大き目の体用、小さめの顔用、顎を挟めるようになっているものなどいろいろです。

美容ローラーを使うことで血行やリンパの流れが良くなり、引き締め効果、小顔効果があります。血行が良くなっている入浴中に使うとさらに効果がアップします。

お尻や太ももに使用するとセルライトを撃退する効果もありそうです。引き締めといえば健康スリッパも忘れてはいけません。健康スリッパとはかかとがないあれです。

つま先や土踏まずを刺激し、さらにかかとがないことでふくらはぎに力が入りますのでふくらはぎがきゅっと引き締まります。家事をしながらのながらシェイプアップが可能になります。

エクササイズをするなら中に水を入れて使えるダンベルはいかがですか?水の量を調節すれば自分に合った重さのダンベルを作ることができます。

負担が大きい筋トレはアラフォーにはおすすめできませんが、適度な筋トレは筋肉を甘やかさないためにもおすすめです。

ほかにも最近流行りのエクササイズチューブも100均で手に入れることができます。チューブを足の間に挟んだり、両手でひっぱたりその使用法は無限大です。

100均ショップは流行に敏感で流行りの美容商品を安価で販売しています。普通に買えば1000円近くするものが100円で手に入ることもあります。時々のぞいてみましょう。

どんなケアしてるの?実年齢より若く見える芸能人の美容法

有名人の中にはキレイに、かつ健康的に歳を重ねている人が多くいます。

老いというのは誰にでも平等にやってきますから、40代の人がいつまでも20代の容姿でいることは不可能ですし、そんな人がいたら違和感を感じます。

お金が潤沢にあれば最新美容法や整形手術なども可能ですが、やはりどこかに無理があって不自然です。

どうせ歳をとらなければならないのならキレイにとりたいと思いませんか。

今回は素敵に歳を重ねているなと感じる三人の有名人のアンチエイジング方法にスポットをあててみました。

いくつになっても本当に透明感があってかわいらしいといえば、永作博美さんです。女性から見ても男性から見てもキレイだし、とても40歳を超えているとは思えません。

永作さんのアンチエイジング法は一言でいえばシンプルで自然です。

若いころは高級化粧品などを使用していた彼女も、現在ではオーガニック化粧品を使ったシンプルなスキンケアに落ち着いているようです。

永作さんはインタービューなどでご自身の美容法について語られてますが、いつも出てくるのが白湯です。

永作さんは体に吸収されやすい白湯を夏だけでなく、乾燥しやすい冬場にも常に飲んでいるそうです。

その他にも永作さんがおすすめなのは甘酒と豆乳を1:1で割ったドリンクです。

毎朝飲むことで女性ホルモンを増やしてくれますので一般人の私たちもすぐに始めたいところですね。

また調理師免許を持つ永作さんが気を付けていることはバランスの良い食事を摂ることと十分な睡眠をとることです。

炭水化物よりも肉や魚などのたんぱく質中心の食事を心がけているそうです。

つまり特別なことはしていないけど、毎日の生活習慣が大事ということですね。アンチエイジングのためには健康であることが前提なんです。

最近ドラマでも話題の美しすぎるアラフォーといえば中谷美紀さんです。

中谷さんはとにかく肌がキレイというイメージがあるのですが、どのようなアンチエイジング対策を行っているのか興味ありますよね。

中谷さんは食事にとても気を使っています。私の過去のブログでも砂糖の害について紹介しましたが、中谷さんも砂糖や炭水化物を摂り過ぎないようにしているそうです。

ご飯は玄米を食べ、糖質を少なくして、タンパク質を多めにとるという理想的な食事をされています。時にはプチ断食を行い、体の中のデトックスにも余念がありません。

中谷さんはインナーマッスルを鍛えるべく、ストレッチ体操やピラティスも行っています。

また寝具にこだわり、質のいい睡眠をたっぷりとることも大事だと雑誌などで話しているようです。

そして最後はそのスタイルの良さもお手本にしたい篠原涼子さんです。

篠原涼子さんも永作さんや中谷さんのように無理をしないアンチエイジングによって自然な歳のとり方をしています。

その美貌やライフスタイルに憧れている人も少なくないのではないでしょうか。

篠原さんはエクササイズや筋トレ、ピラティスなどとにかく筋肉が衰えないように運動を欠かしません。

これが篠原さんの引き締まったボディの秘密なんでしょうね。

自宅やスタジオでほぼ毎日何かしら運動をしているようです。

早起きして家事をすべてこなしたり、食事を和食中心にしたり、篠原さんの毎日の生活そのものがアンチエイジングなのです。

歳をとってもキレイな人、いい歳のとり方をしている人に共通して言えることは無理をしていない、不自然なことをしていない、アンチエイジングに固執していないという点です。

自然体で歳を重ねることを楽しむことがなによりのアンチエイジングなのかもしれません。

お酢のパワーでアンチエイジング!おすすめのお酢レシピも紹介

子供の頃はお酢というと酸っぱいばかりで美味しいと感じたことはなかったのですが、歳をとるにつれてお酢の入ったレシピはすっきり食べられてお気に入りです。

私がお酢の中でとくに好きなのがバルサミコ酢です。値段や作られた場所によって味が違うので毎回違う商品を買うのが楽しみなほどです。

バルサミコ酢に塩コショウ、オリーブオイルを混ぜてサラダや野菜スティックのドレッシングとしていただくことが多いです。

実はこのお酢にはたくさんの体にいい効果があることをご存知ですか?アンチエイジングにはまず体が健康な状態であることが大前提ですが、健康的な生活にお酢は欠かせません。

アラフォーともなると気になるのが肥満と高血圧です。肥満と高血圧は成人病を引き起こす大きな要因となります。

ミツカングループではお酢の効果について様々な臨床実験を行っていますが、お酢を摂取することで内臓脂肪が減ることや血圧を下げる働きがあることが証明されています。

ほかにも食事の際にはお酢を摂取することで血糖値の上昇を抑えることができます。

歳をとるととにかく疲れやすくなります。お酢は疲労回復にも効果があります。

私たちは疲れたときよく甘いものを口にします。甘いものを食べることで糖を燃焼し、エネルギーが発生して疲労回復につながります。

糖とお酢を一緒に摂取することでグリコーゲンの回復が促進され、疲労回復が早くなります。疲れたときに体に貯まる乳酸の分解も早まります。

夏の暑いときなど食欲が出ない時でもお酢を使った食事をとることで、胃が刺激され消化が促されます。またお酢の成分が脳に働きかけ、唾液の分泌を促してくれます。

よく酸っぱいものを想像すると唾液が出ますが、同じような原理です。

アラフォーの最大の悩みと言えばシミやくすみです。美肌に欠かせないビタミンCですが熱に弱いのが難点です。それがお酢を摂取することでビタミンCが破壊されるのを防いでくれます。

その他にもカルシウムの吸収をよくしてくれたり、利尿作用で塩分を排出してくれるなどとにかく健康になるための沢山の作用がお酢にはあるのです。

すぐにでもお酢を摂りたい気分になったと思いますが、おすすめのお酢の種類をいくつかご紹介しましょう。

おすすめのお酢といえば黒酢、もろみ酢、香酢、バルサミコ酢などがあります。

黒酢が体にいいというのはよく聞きますが、黒酢とは米に大麦また小麦を加えたもので発酵や熟成によって黒や褐色になったのです。

黒酢にはたくさんのアミノ酸が含まれていて、アミノ酸といえばアンチエイジングに欠かせない成分です。

早速黒酢を使ったレシピをいくつかご紹介しましょう。

まずは手羽元の黒酢煮です。安い手羽元を買ってきて、圧力鍋で大量に煮込みましょう。黒酢の力でほろほろと箸で簡単に骨から離すことができます。

作り方は至って簡単で、みりんやしょうゆ、さけ、砂糖、ショウガなどと一緒に手羽元を煮込むだけです。このとき大根や卵なども一緒に煮込めばボリューム満点です。

黒酢のピクルスも保存がきくので冷蔵庫に常備しておくといいですね。黒酢にさとうやみりん、かつおだしなどを入れて1分ほどレンジにかけ好きな野菜を漬けてください。

おしゃれに飾り付ければ来客時の一品にもなります。

もう一品手軽にできるのがあさりの黒酢スープです。あさり、長ネギ、しょうが、にんにくでスープを作り、鶏ガラで味付けします。最後に黒酢とごま油を回し入れれば完成です。

こちらも手軽に黒酢を摂ることができるのでおすすめです。もっと手軽に毎日お酢を摂取したい人は薄めて飲めるフルーツ酢なども販売されているので試してみてください。